logo.gif

ご挨拶

理事長 小田切 寛 代表.jpg 法人代表理事 岩瀬 琢郎

特定非営利活動法人日本EAPコンサルタント(略称JEC)は、東京都知事の認証を受けたNPO法人として2003年4月1日に設立しました。
運営は現場の歓びや苦労を経験した産業人が主体となって行われています。
JECはその強みを活かして、働く人々や課題を解決したいマネジメントの皆様に寄り添いながらカウンセリング、コンサルティングや種々の研修を行い成果をあげてまいりました。

 現在、働く人々の環境はますます厳しくなっており、職場のストレスと心の不調は色々な形で現れるようになってきました。
働く人々は以前に増して、変化や厳しさに対応する自律性や柔軟性をより身につける必要があります。

 一方、ストレスチェック義務化法が2015年12月1日に施行されました。
種々、課題がありながらも日本全体で働く人々を支援する動きも強まっています。

このような状況下、私たちJECは従来からの
1.働く人の心の健康・メンタルヘルスケアを中心としたEAP活動
  EAPとは、Employee Assistance Programs(従業員援助制度)
2.働く人のキャリア開発を中心としたCDP活動
  CDPとは、Career Development Programs(キャリア開発)
3.強い組織を創るためのコミュニケーション・トレーニング活動
を大切にしながら、
4.さらに、新しく「厳しい場面での事態に直面するあり方、
困難を突破する具体的な行動のあり方」を身につけるワークショップ・プログラムを開発しています。

 いまJECはこれらプログラムを産業界で働く人々、特に中小企業で働く方々において活かされるよう意を新たにしています。多くの働く人々が本当に人間として尊重される産業社会の実現をJECは理想としています。
JECはその実現を目指して、一歩一歩進んでまいります。皆様のご支援を心よりお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

 法人代表理事 岩瀬 琢郎
理 事 長  小田切 寛